WINE 商品一覧

夫婦二人のワインとアート、二つの芸術にかける情熱の結晶

PORTFOLIO Limited Edition Napa Valley
「PORTFOLIO(ポートフォリオ)は、元オーパス・ワンの醸造家ジェヌヴィエーヴ・ジャンセンズが手がける、年間生産たった3000 本のプレミアムワイン。
少量生産ならではの手法を駆使し、経験豊富な女性が情熱を持って造り上げる最高品質の赤ワインです。

「PORTFOLIO」は、ロバート・パーカーからも高く評価され、特に2007 年ヴィンテージは“95 ポイント” を取得しました。
It is a wine of class elegance and power with a lot of harmony…
Mr.Michel Rolland loves it. (Comments from “Robert Parker”)
エレガントさと力強さを絶妙なバランスで併せ持つ、気品あふれるワイン…
ミッシェル・ローランにも愛されています。(ロバート・パーカーからのコメント)

VINTAGES -ヴィンテージ-

“Exceptional wine for exceptional occasion”
 特別な時を彩る 特別なワイン

2012

PORTFOLIO Limited Edition 2012

“模範的であり完璧”そんな表現が相応しい2012年。ナパ・ヴァレーにとってすべてが最高の年となりました。理想的な春の芽吹きに始まり、開花、結実、そして長い夏の間に続いた暖かい日中と、涼しく霧掛かった夜という、教科書にあるような望ましいブドウの成長期を過ごし、収穫に至りました。この恵まれた天候は、ワインに絶妙なバランスの酸味と甘味を与え、甘美で繊細なアロマと、この上なく滑らかな質感、熟した果実味をもたらしました。美しいミネラル感も合わせ持ち、シルキーで長い余韻まで、完璧な流れで導いてくれます。これから先、何年にも渡ってお楽しみ頂けるワインです。

価格 ¥35,000(税別)


2011

PORTFOLIO Limited Edition 2011

ナパ・ヴァレーでは、比較的涼しい気候が続いているここ10年ですが、2011年の葡萄の成長期は、朝霧の強い影響を受けたり、低い気温と開花期の予期せぬ雨に見舞われるなど、難しい年となりました。しかし、その厳しい気候条件が、葡萄の成熟期間を引き伸ばし、収穫時期を通常より遅らせることとなり、結果として最高のアロマとフレイバー、さらには成熟したタンニンを育むことができ、新たな力を見せてくれました。ローストしたアーモンドやスパイスのタッチを織り交ぜた、ブラックベリーやカシスの芳醇なアロマたっぷりの香りに、美しく流れるような飲み口。きめ細やかで、緻密なタンニンは良く熟しており、心地よいヴェルヴェットのような舌触りです。フレッシュハーブやミネラリーなアクセントが全体を引き締め、力強くも繊細な長い余韻が続きます。数十年の熟成にも耐えうる力も合わせ持っていると言えるでしょう。

SOLD OUT


2010

PORTFOLIO Limited Edition 2010

2010年の葡萄の生育期は近年稀にみる寒さでしたが、その冷涼な気候が収穫期を例年より2週間遅らせ、葡萄をゆっくりと丁寧に成熟させることに役立ちました。
8月下旬の2日間続いた猛暑も相まって、しっかりとした芳醇なタンニンを持ちつつも、豊かなフレイバーを持つ、カベルネ・ソーヴィニヨンと カベルネ・フランの素晴らしさを十分に引き出す好機となったのです。
近年乾燥した年が続いていましたが、降水量も例年並みに戻り、ナパ・ ヴァレー特有の乾燥した夏と共に、葡萄畑にとって理想的なコンディションになったと言えます。
ダークチェリー、モカ、ラズベリーとブラックリコリスの複雑味のある香り、深く凝縮した味わい、力強さと成熟感を持ち合わせたタンニン、長い余韻が魅力的な仕上がり

SOLD OUT


2009

PORTFOLIO Limited Edition 2009

葡萄の育成期は冷涼な気候が続き、100F(37.8度)を越す日は数日のみでした。それはタンニンの熟成を高め、酸を残し、輪郭のある豊かなフレーバーを作り上げるのに理想的な気候といえます。2009年ポートフォリオは、濃厚でしっかりしたタンニンに裏付けされた凝縮感を持ち、小粒のハックベリーやカシス、スパイシーなオークの香り、ワイルドベリーや黒鉛といった様々なフレーバーが見事に調和したワインに仕上がりました。セラーでゆっくり熟成させることによって、時間と共に複雑味を増し、さらに色々な表情を見せてくれることでしょう。
また、ワインの風味を最大限に生かすため、最小限の工程処理しか行っておりません。グラヴィティー・フロー方式(重力のみでワインと果実を移動)を採用、ポンプを一切使用せず、ろ過も清澄も行わず、フランス産の新樽の中で29ヶ月間熟成させる、という私たちの哲学に忠実な製造工程です。唯一無二の私たちのワインをどうぞお楽しみください。

SOLD OUT


2008

PORTFOLIO Limited Edition 2008

冬は例年通りの気候でしたが、春は昨年に続き記録的に乾燥していました。よって例年より早い灌漑を余儀なくされるなど、栽培家にとってとても難しい年となりました。春はこの数年で最も厳しい霜の影響を受け、開花期に吹く強い風により収穫量にも影響を及ぼしました。この状況下でも例年に劣ることのない高い品質の葡萄を作り上げることができたのは、経験豊富な栽培家の努力の賜物です。
 
2008年はカベルネ・ソーヴィニヨン84%と、カベルネ・フラン16%の混合。酸と糖の絶妙なバランスが特徴的で、見事なアロマと豊かなタンニン、しっかりとした骨格を持ち合わせています。ポートフォリオの真髄である、優雅さ、純粋さを見事に表現したワインに仕上がりました。

SOLD OUT


2007

PORTFOLIO Limited Edition 2007

冬期は寒く乾燥しており、例年に比べ雨量が40%も少ない年でした。暖かく記録的に乾燥した春は、葡萄の成長を早めました。夏は涼しく穏やかな気温が続きました。収穫期は日中の晴天と夕刻の霧に恵まれ、葡萄の実が均等にゆっくりと熟成した為、優雅なワインを造り出す事に成功しました。(カベルネ・フランは9月30日、カベルネ・ソーヴィニヨンは10月6日と7日の収穫となりました。)

2007年は力強く恐縮感があり、複雑味豊かなフルボディ。甘いカシスやブラックベリー、杉の芳醇な香りに包まれ、長く続くミネラル感が特徴的です。15~20年に最高の飲み頃を迎える。

SOLD OUT


2006

PORTFOLIO Limited Edition 2006

冬と春の降水量は多く、葡萄が育つこの季節の気候は冷涼でした。 夏は総じてほどよく温暖な気候。9~10月は、涼しい霧がかった朝と寒い夜という、葡萄の熟成をゆっくり引き上げるのに最も適した気候が続き、 複雑で成熟感のある理想的なカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの葡萄ができました。

その結果、このワインは濃厚でしっかりした骨格をもつフルボディに仕上がりました。スパイシーで甘みのあるオーク樽が織りなす、小粒のハクルベリーとカシスの香りを愉しむことができます。 濃く深いワイルドベリーのバランスのとれたフレーバーが、力強くも口当たりのよい余韻へとつながっていきます。長い熟成に耐えられるワインです。

SOLD OUT


2005

PORTFOLIO Limited Edition 2005

冬の寒く湿度の高い気候は春まで続き、7月は暖かかったものの、8~10月は再び涼しくなりました。 これは結果として、ワインによい影響をもたらしました。冷涼な気候が続き、葡萄の実が小粒だったことで、非常にしっかりした骨格と、均整のとれたバランスを持つワインができあがりました。

口の中に広がる複雑なワイルドベリーの力強さと、きめ細かく上品な口当たり。この二つを素晴らしいバランスで有するワインです。 さらにオーク樽の熟成に由来するスパイシーさと程よいバニラ香が、このワインの複雑な味わいと永い余韻を作り出しています。 2010年~2025年に飲みごろを迎えますが、その後の熟成も愉しめます。

SOLD OUT


2004

PORTFOLIO Limited Edition 2004

冬の適度な雨量と3月の暖かい気候が、この年の葡萄の開花を1週間ほど早めました。 さらに、涼しい夏の気候がフルーツとタンニンの熟成バランスを決定づけ、ワインの葡萄作りにおいてはとても気候に恵まれた年となりました。

ワインの色は深く、熟したフルーツの芳香とさわやかな花のブーケが合わさり、力強いアロマのエネルギーを生み出します。 華麗な口当たりとしなやかでシルキーなタンニンが印象的。ワイルドベリーとカシスの複雑なフルーツ、上質な木のフレーバーが口の中で広がります。 優雅でエレガントな中に力強さをもち合わせるこのワインは、永く続く余韻もゆっくり愉しめます。

SOLD OUT


2003

PORTFOLIO Limited Edition 2003

湿気の多い冬と、春先の乾燥の影響でこの年の葡萄の発芽は早く、また、実が長く樹に留まったことで、力強くバランスの良いタンニンが熟成されました。 夏の気温は例年通り。秋は一日の中での激しい気温差が特徴的で、寒い夜が葡萄の熟成を引き延ばし強いフレーバーを作り上げました。

この葡萄によるワインは濃い紫色で、口に含むと砕いた岩、黒鉛、プロヴァンスのハーブ、そして美しいオークのスパイス香とともに黒スグリの香りを想起させます。 贅沢で均整なバランスのとれたこのワインは、コクのあるタンニン、安定した骨格と力強い凝縮感を合わせもち、フレッシュなワイルドベリーの香りが余韻に永く残ります。

SOLD OUT


TOQUADE -トカードゥ-

2011

TOQUADE 2011

2011ヴィンテージは、冬と春に雨が多かったため発芽が遅れ、開花期半ばに降った雨は結実率の低下を招きました。さらに2010年と同様、寒く、霧の多い朝が続きました。我々は、風通しを良くし、少しでも太陽の光が果実に届くよう、また病気から守るために、葡萄の葉の間隔を広く取るなどの措置を取りました。
しかしこの夏に熱波が訪れることはなく、9月まで続いた例年にない冷夏は、望でいる熟度を持った葡萄の成長には厳しい気候となりました。そのため、Toquadeは葡萄の熟度が上がるのをぎりぎりまで待ち、前年よりも約1か月も遅く、手摘みによって収穫されました。2011年収穫時の葡萄はとても味わい深く、美しいワインを造ることができました。ナパの小さなワイナリーに運ばれた葡萄は、ソーヴィニヨン・ブランらしい香りとフレイバーを得るために優しくプレスされ、発酵の後、ステンレス製タンクの中で澱とともに7か月寝かされます。その間、毎週撹拌することによって、ワインはより味わい深く、奥行を持つようになり、ふくよかさを帯びていくのです。そして複数の畑のブレンドではなく、単一畑の葡萄のみを使用することにより、ナパ・ヴァレーのソーヴィニヨン・ブランとしての際立った個性を持つピュアなワインに仕上がりました。グレープフルーツやパパイヤの香り、きりっとした飲み口からクリーミーな味わいに変化しつつ、エキゾチックなフルーツ感たっぷりの長い余韻が広がります。

SOLD OUT


2010

TOQUADE 2010

カリフォルニアのプレミアムワイン 「TOQUADE (トカードゥ) 」が日本初上陸。
ポートフォリオの造り手であるGenevieve Janssens女史の愛弟子であるChristine Barbe女史が手がける年間生産5,400本の白ワインです。
Christineは、ソーヴィニヨン・ブランに注ぐ自分の情熱を上手に表現し、1991年にボルドーではじまった自分のワインライフを物語る最適な言葉「TOQUADE」を自身の初レーベルに起用しました。
「TOQUADE」とは、フランス語で「夢中になる」「心酔する」という意味です。 Christineはボルドーで醸造学の博士課程を取得中に、Ch. Carbonnieux(シャトー・カルボーニュ)とペサック・レオニャンにあるLa Louviere(ラ・ルーヴィエール) でワイン造りをしてきました。その後は、ソーヴィニヨン・ブランに情熱を傾ける造り手たちと、この品種の研究に没頭します。1996年に醸造学と栽培学の博士号を取得し、カリフォルニアに渡り、Robert Mon- davi(ロバート・モンダヴィ)、Gallo(ガロ)、Trinchero(トリンチェロ)と数々の ワイナリーでぶどう栽培とワイン醸造の更なる経験を積み、カリフォルニアの葡萄でフランスワインを造る手法を学びました。このワイン銘産地2ヶ国で15年間、ソーヴィニヨン・ブランのみに没頭し、最後に出た答えがこの「TOQUADE」です。

価格 ¥4,200(税別)